2022/12:【これから】【これまで】を更新しました。

(ギジレン)とは


2014年発足。

「汗とよだれの手づくり演劇」を合言葉にたのしい演劇作品を作り続けている。


メンバーは

主宰・脚本・演出の佐藤辰海

看板俳優兼ウマ娘の門田友希

小道具と飲酒の片腹年彦

タッパと接客の笹井雄吾

ハンサムとIQの末安陸

サッカーとコーヒーの黒澤風太


2017年上演の「賭け」にて佐藤佐吉演劇賞優秀作品賞を受賞。


2018年上演の「センチメンタル・ジャーニーズ」では業界初のうどん付きチケットを発売し、 1800人を動員する。うどんのおいしさ、作品のおもしろさで称賛を浴びる。


2019年末、5周年特別本公演「ギジレン5さい」にて複数の作品を上演、

賞金総額100万円の「佐藤辰海演劇祭」を開催し、キャスト総数は100名にも及び、来場客2,333人を動員した。

俳優賞等多数受賞。


2020年以降、コロナウィルスの流行により舞台公演は自粛中だが、

無料配信公演「ユーリカ」をYouTubeで公開したり、

毎週月曜日放送のラジオ番組

「FM89.2 依乃王里とギジレンの場末のスナックみてえだな」のパーソナリティを務めたり、

お客様を笑顔にすることを決して諦めない。